採用情報RECRUIT

各工程の班長からのメッセージ・実習生の声・福利厚生

各工程の班長からのメッセージ

工作図(バラ図)作業工程 本社工場:白石課長工作図(バラ図)作業工程 本社工場:白石課長建具図面(姿図、断面図)に基づいて、部材の一本、一枚ごとの工作図面を作成していきます。工作図には、鋼鈑の種類・部材の切断、切欠き、穴あけ、曲げ等、加工に関する全ての情報を指示し、併せて建具に用いる金具の加工情報も指示して、展開図として図面化をする仕事です。

機械班 作業工程 本社工場:西 班長機械班 作業工程 本社工場:西 班長切断→タレパン(タレットパンチプレス)→曲げ加工及び鋼材加工の流れで作業をしています。切断工程では、寸法や対角の間違いが無いか注意しての作業タレパン工程では、抜き間違いが無いか、バラ図通りの加工が出来ているか確認しながらの作業後は全ての工程で安全作業!!
加工時点での問題発生は、何が間違いの原因であるか調べて速やかに対処するよう心掛けています。大きな機械を使っての作業なので、機械の異常にも細心の注意を払っています。

組立班 作業工程 本社工場:中内係長組立班 作業工程 本社工場:中内係長部材の寸法を測る、金物の位置及び寸法を測る、アンカー及び金物の裏板等を付ける。ここまでの作業を図面で確認しながら組立作業を行います。他にも、溶接、サンダー掛け、仕上げ、シール等入れなどの作業も行います。組立工程では、枠での組間違いや金物の位置関係に注意して、安全作業で行っています。
異常があれば、すぐに責任者及び周りの者に連絡し、不審な点があれば周りの者に相談する。責任者が確実に状況を理解した上で次の指示を出すように心掛けています。

塗装班 作業工程 本社工場:佐藤班長塗装班 作業工程 本社工場:佐藤班長製品を指定通りの色で塗装する作業です。塗装の際、枠に関してはコーナー部等の仕上げ面の丁寧なパテ付けとパテ砥ぎ。金物、アンカー周り、切り口等の念入りな塗装をする事。そして、金物取付の際は確実な取付と作動確認を確実に行うようにしています。
塗りあがり後の異状に関して傷等は部分的に色剥ぎ後に暈し、丁寧に補修をします。

配送 作業工程 本社工場:和田忠和配送 作業工程 本社工場:和田忠和出荷依頼書に基づき、配車予定(依頼)及び出荷製品の集配、自社三工場分の便の割当を行っています。製品に傷が付かない様に、フークリフトでの移動、出荷積込みの際は丁寧且つ迅速な作業を心掛け、出荷積み忘れが無い様に出荷伝票(依頼書)の確認、在庫確認を徹底しています。
仕事で分からない事や迷いがあった場合、上司がすぐに対応してくれて助かっています。出荷の仕事は四季や天候を問わず外での作業になります。大変な仕事ですがその分、精神力と忍耐力おまけに根性までつきました!

実習生の声

レ・ヴァン・チョン私はベトナムからの実習生 レ・ヴァン・チョンです。
日章工業㈱の実習生として勉強する為、日本に来て1年になります。仕事の内容は溶接です。毎日、枠と扉を作っています。日本に来てから、今まで色々な事を勉強しました。日本人の仕事の仕方、自分で考える姿、間違った時にはすぐ「すみません」と謝る姿などを学びました。日章工業は3つの工場でなっている大きい会社で、やりがいのある仕事です。そして、会社の人が優しいです。いつでも私が困っている時、手伝ってくれます。また、仕事で間違った時、怒らずにもう一度教えてくれ、一緒に直してくれました。生活の面でも沢山教えてくれます。時々お土産とかも貰ったりもします。休みの日は、釣りに行ったり、自転車で周りを探検したり、友達と日本語を勉強したりして過ごしています。時々は電車で遠出もします。三年後、ベトナムに帰ってからの夢は、日本で学んだことを生かして仕事をしながら、趣味で農園を作って楽しむことです。

福利厚生

2017年5月20日 創立54周年式典を佐賀にて開催致しました。

ページトップへ